top of page
ヴォクス・ポエティカ
CDリリース記念リサイタル
『テオルボと描く肖像  a portrait with the theorbo』
 
2021年5月28日(金)
東京オペラシティリサイタルホール
(初台駅直通 東京オペラシティ地下1階)
19:00開演  18:30 開場 
全席自由 前売 4,500円/学生 2,000円/当日 5,000円
特別インタビュー全文掲載

無料ライブ配信決定!

2021年5月28日(金)19時配信開始

*有観客*前売券も好評販売中

ビデオメッセージ
ヴォクス・ポエティカよりご挨拶

ヴォクス・ポエティカよりご挨拶

動画を再生
出演 Vox Poetica
佐藤裕希恵(ソプラノ)
瀧井レオナルド(テオルボ)
 
フライヤーダウンロード
主催:オフィス・ヴォクス・ポエティカ
Vox%20Poetica%20CD_edited.jpg

前売券(紙チケット)を購入する

ヴォクス・ポエティカCDリリース記念リサイタル『テオルボと描く肖像』
2021年5月28日(金)東京オペラシティリサイタルホール 19時開演

20200310-voxpoetica-00386.jpg

前売券(Eチケット)を購入する

ヴォクス・ポエティカCDリリース記念リサイタル『テオルボと描く肖像』
2021年5月28日(金)東京オペラシティリサイタルホール 19時開演

20200310-voxpoetica-00322.jpg

CDを購入する

ヴォクス・ポエティカ初のソロCD。レコード芸術特選盤。

​特別インタビュー

デュオ《ヴォクス・ポエティカ》の

バックステージへようこそ

緻密に練り上げられ

完成された

演奏とプレゼンテーション

二人のバックグラウンドや

誕生ストーリー

2021年4月 聞き手:

角田圭子(ダウランド アンド カンパニイ)

Yukie Sato G.jpg
インタビュー
2014年に留学先のスイス・バーゼルで結成されたこのデュオは、2015年、佐藤裕希恵さんの国際古楽コンクール(山梨)第1位入賞によって日本でも一気に注目が高まりました。2017年に日本に拠点を移してからも、リサイタルの他、「フェルメール展タイアップ」のコンサートとCD、「ほぼ日の学校」出演など、他ジャンルとの交流にも力を入れ、古楽のプログラムの面白さを多くの人に伝えています。このデュオは一生をかけて取り組む大切なものと語る佐藤裕希恵さんと瀧井レオナルドさんに、古楽との出会いと、デュオとしての活動についてお話を伺いました。
(1)

1)ミュージカルに明け暮れた日々からバロックへ(佐藤裕希恵)

|芸大に入って「クラシック」に出会った

 

-----先日(4月)、ムジカーザでの《ヴォクス・ポエティカ》の「シェイクスピアと音楽」のコンサートでは、演技を取り入れた佐藤さんの演奏がとても印象的でした。東京芸大に入学される前、高校の頃からミュージカルで活動しておられたとか

 

佐藤:もともと声楽を始めたきっかけ自体がミュージカルだったので、芸大の声楽科に入った時にはオペラの知識はあまりなく、入学してからオペラや歌曲のようないわゆる“クラシック”の作品を勉強しました。同時に学内外のミュージカル団体での舞台活動ばかりしていて、あの時の舞台経験は今も私の表現を生み出す大切な基盤になっています。

(写真1)ミュージカル時代 大学4年

ミュージカル時代大学4年生(裕希恵).jpg

-----大学ではまず「クラシック」との出会いがあった! 「古楽」との出会いは

 

佐藤:学部で勉強している間、自分の声にはどんなものが合っているのかを模索している内に、自然とヘンデルやヴィヴァルディのようなイタリアの後期バロック音楽を多く演奏するようになりました。思えば学部の入試もヘンデルのアリアを歌ったので、恩師は私の声と古楽の相性を早くから見出してくださっていたのかもしれません。

ピリオド楽器を使った演奏のCDも聴くようになり、今まで自分が聴いてきたどのタイプの音楽とも違う音色や、躍動感あふれるバロック音楽に魅了されていき…。

 

-----大学を卒業して修士課程では古楽コースを選択

 

佐藤:声楽科を卒業するとき、歌手として、表現者として、もっと自分の引き出しを増やしたいと思い、古楽を本格的に勉強しようと古楽科修士課程へ進みました。古楽を勉強し始めてから聴いた古楽演奏のジュリオ・カッチーニの作品は、声楽家が誰しも学ぶ『イタリア歌曲集』のロマン派的な編曲と随分異なっていて、衝撃を受けたのをよく覚えています。その衝撃は、そのまま私の古楽科修士課程での論文のテーマにもインスピレーションを与えました。

|スイス留学への興味をかきたてたのは知らない音楽への好奇心

 

-----バーゼルのスコラ・カントルムの古楽コースへの留学のきっかけは

 

佐藤:いつか留学してみたいなぁ、という漠然とした思いを抱いていたことはありましたが、実は当初、留学をする予定はありませんでした。大学院へ進学後も学外ではミュージカルや芝居に明け暮れる毎日だったのですが、ある時バーゼルで教鞭をとっていたゲルト・テュルク氏(注)が招聘教授として芸大の古楽科へ来られました。3ヶ月間素晴らしい指導を受ける機会に恵まれ、この先生ともっと古楽を学んでみたいと、スイスへの留学準備を開始しました。

(注:ゲルト・テュルク=テノール歌手。バロックオペラ、オラトリオ、カンタータ、教会音楽など幅広い分野で活躍)

 

-----テュルクさんに出会うまではまだミュージカルが興味の中心だったと。今思うと、何に動かされて古楽に興味をもったのでしょう

 

佐藤:好奇心、だと思います。

今まで自分の知らなかった世界に出会って、もっと知りたい!と突き進んでいったらスイスにいました。

古楽は楽譜に書かれていない“余白”が演奏者に大きく委ねられているので、そこをどう描くのかが楽しくて。楽器編成の可能性だったり、即興性だったり…。

(写真2)スコラでは別科で中世鍵盤も学んだ

実は別科で学んだ中世鍵盤(裕希恵).jpg

-----当時大好きだった演奏家、目指した演奏家は

 

佐藤:今は中世やルネサンスの作品もよく演奏しますが、古楽を始めた当初はバロック、特にオーケストラを伴うヘンデルの声楽作品が好きで、マグダレナ・コジェナー(メゾソプラノ)のCDを聴かずに眠る日はありませんでした。

あのCDで指揮をしていたアンドレア・マルコンとはスイスで何度も一緒に歌わせてもらって、マルコン指揮、コジェナー主演のオペラ(バーゼル劇場)での共演の機会にも恵まれました。ミュージカルや舞台は今でも大好きで、私という人間が現代において古楽を演奏するとき、演劇的なバックグラウンドは自然と表現の中に共存しているんだと思います。

(写真3)留学した年、F.カッチーニのオペラに出演(2012)©︎ Susanna Drescher

F.カッチーニのオペラ公演2012 © Susanna Drescher 20

-----やっぱり留学してよかった、と思うことはどんなことでしょう

 

佐藤:留学して得たものは計り知れませんが、歌手として様々な現場で仕事をすることができたことは本当に幸運だったと思います。小さなアンサンブルからオーケストラまで、教会や音楽ホール、劇場で。

隣接する他の国々へ、小さなスーツケースと楽譜を持って演奏旅行に飛び回る毎日が好きでした。あの経験に、音楽家としての感性やプロ意識など色々なものを育ててもらったように思います。

また西洋音楽を演奏する上で、ヨーロッパ各地の土地の空気や建物、人の性格に触れることができたことは大きな財産となりました。その国の作品は、やはりその国の人の性格、風土、文化、歴史が生み出したものだからです。

(写真4)留学2年目インスブルックにて(2012)

留学2年目2012年、インスブルクにて.jpg
(2)

-----《ヴォクス・ポエティカ》のパートナー、瀧井レオナルドさんとの出会いもありました

 

佐藤:瀧井レオナルドとは、スコラのグレゴリオ聖歌の授業で出会いました。初めは日系ブラジル人と知らず、アジア人の風貌で何ヶ国語も話しているあの謎のリュート奏者は一体何者なんだ?と思っていました(笑)。

2)リュートに出会ってすぐに恋に落ちました(瀧井レオナルド)

|人生を変えたホプキンソン・スミスのリュート

 

-----瀧井さんは、故郷ブラジルのサンパウロの音楽大学ではギター専攻だったそうですが、古楽のジャンルに興味をもったのは、どういうきっかけがあったのですか

 

瀧井:一言でいうと、友人に誘われたことがきっかけです。大学でクラシックギターを勉強していた時、リコーダー奏者の友人にギターで通奏低音を弾くよう頼まれることが多々ありました。

初めは通奏低音のことは何も知らなかったので、ギター用にリアリゼーションされたものを弾いていたのですが、ある日この友人が興奮した様子でやってきて、「音楽院(コンセルヴァトリウム)に古楽科が新設されるから、そこでリュートを学んで一緒に演奏しよう」と誘ったのです。

それが始まりで、大学でギターを学びながら同時に(サンパウロの)コンセルヴァトリウムのリュート科で学ぶようになりました。